育児休業手当金・介護休業手当金の給付上限相当額変更のお知らせ

育児休業手当金及び介護休業手当金の算定の基礎となる給付日額には上限額が設けられており、これを「給付上限相当額」といいます。

この給付上限相当額を決めるための算定基礎額は、雇用保険法で定められており、その算定基礎額が8月1日に改正されたことに伴い、給付上限相当額が次のとおり変更となりました。

 

給付日額の上限相当額

平成28年7月31日まで

平成28年8月1日以降

[育児休業手当金]

   ○給付割合67/100の場合

14,210円×30×67/100×1/22=12,982円

○給付割合50/100の場合

14,210円×30×50/100×1/22=9,688円

[介護休業手当金]

   ○給付割合40/100の場合

14,210円×30×40/100×1/22=7,750円

[育児休業手当金]

○給付割合67/100の場合

14,150円×30×67/100×1/22=12,927円

○給付割合50/100の場合

14,150円×30×50/100×1/22=9,647円

[介護休業手当金]

   ○給付割合67/100の場合

14,150円×30×67/100×1/22=12,927円

○給付割合40/100の場合

14,150円×30×40/100×1/22=7,718円

※ 給付上限相当額を超える標準報酬月額は、440,000円以上となります。

※ 介護休業手当金の給付割合67/100は、平成28年8月1日以降に開始する介護休業に

    適用されます。

 

* 平成28年8月1日以降の育児休業手当金・介護休業手当金を請求される方は添付ファイルの

    様式をご使用ください。

       ・育児休業手当金請求書

   ・育児休業手当金請求書記入例

   ・介護休業手当金請求書

   ・介護休業手当金請求書記入例

 

                                      保険課

閉じる

PageTopPageTop